DIVE INTO CODEとは?

DIVE INTO CODEの評判は?コースから料金まで解説【2021年度最新】

プロハック
DIVE INTO CODEの評判や口コミってどうなの?いいのかな?
プロハック
DIVE INTO CODEの特徴が知りたい!どんなコースがあるの?

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

  • DIVE INTO CODEとは何か
  • メリット・デメリット
  • DIVE INTO CODEの評判
  • DIVE INTO CODEの料金
  • DIVE INTO CODEの就職先
げんた

本記事の信頼性

プロハックでは、現役のエンジニアのげんた(@genta_oaks)が監修しています。プログラミングを始めて約5年。Web系フリーランスとしての経験がありながら、現在はWebマーケティング企業「オークス」を運営しています。

それでは早速見ていきましょう。

  • TechAcademy20以上の豊富なコースから自分に合ったスキルを低価格で学べる!
  • TECH::CAMP:実績、知名度ともに業界最大級の未経験を対象としたプログラミングスクール!全額返金保証付き
  • DMM WEBCAMP PRO経済産業省が認定!エンジニア転職成功率98%!

さらに詳しく知りたい方は「【2021最新】プログラミングスクールのおすすめ7選!特徴を徹底比較」をチェック!

DIVE INTO CODEとは?

DIVE INTO CODEとは?

DIVE INTO CODEは、本格的にプログラミグを始めたい人が通うプログラミグスクールです。

プログラミングとはコンピュータを動かすために必要なスキルです。

今年からプログラミングが小学校・中学校・高校で義務化され、IT化がますます進みました。

また、エンジニアやIT関連で働いている人のみならず、社会人の教養として求められるようになりました。

プログラミングは実際に書くことも大切ですが、基礎である論理的思考力・問題解決能力が不可欠です。

DIVE INTO CODEのペアプログラミング

DIVE INTO CODEでは問題解決能力・仲間・就職サポートを目標としています。

そのため、どのように問題を解決するかを身に着けることができるといえます。

さらに仲間同士の開発を推進しており、コミュニケーションスキルも伸ばすことができるといえます。

コミュニケーションスキルがエンジニアにとって必要なのかと疑問を持つ方もいるでしょう。

実はプロのエンジニアは、一人一人の開発スキルももちろんこと、複数人で開発することが多く、コミュニケーションスキルも重要となります。

DIVE INTO CODEでは仲間同士の開発としてペアプログラミングを導入しています。

ペアプログラミングは開発の効率化の手段の一つで、一般的には「二人一組になって一つの画面・キーボードを共有して開発する手法」を言います。

ペアプログラミングのメリットは以下の3つです。

  • 効率的になり時間を節約できる
  • 属人化を防ぐことができる
  • 知識の向上に繋がる

効率的になり時間を節約できる

プログラミングは難しく、1人では続かないという方が多数います。

そういった方には1人ではなく二人もしくは複数で開発することがおすすめです。

DIVE INTO CODEでは同期とのペアプログラミングやディスカッションを多く行っており、切磋琢磨して学ぶことが可能です。

実際にエンジニアは規模が大きくなるほど、複数人で案件をやり遂げることが多いためコミュニケーション能力も必要となるので練習にもなるでしょう。

属人化を防ぐことができる

1人でシステムを作ることは開発者のみが運用・保守が可能となってしまいます。

属人化してしまうことは企業や自身にデメリットになっていまうので、できるだけなくすべきだと考えられています。

知識の向上に繋がる

ペアプログラミングではお互いに知らない技術や考え方を教えあうことができるので双方ともに知識の向上に繋がります。

げんた
独学で勉強するより、圧倒的に身につくスピードは違うよね。

DIVE INTO CODEの魅力・メリット

DIVE INTO CODEの魅力・メリット

DIVE INTO CODEの魅力は以下の4点にあります。

  • プロのエンジニアを目指す人が圧倒的に多い
  • 仲間、就職サポート
  • 受講人数が少ない
  • 卒業後も教室が使える

DIVE INTO CODEでは、本気度が他のスクールより高いようです。

少人数制のため、理解度が増すのもありますし、講師とのかかわり度合も増えてくるでしょう。

さらに卒業後も教室が使えるとのことで、OB・OGとの交流も深めることができるでしょう。

厚生労働大臣から「専門実践教育訓練指定講座」に指定されている

DIVE INTO CODEは厚生労働大臣より「専門実践教育訓練指定講座」に指定され、「専門実践教育訓練給付金」および 「教育訓練支援給付金」の対象講座にも指定されています。

そのため、それぞれ最大56万円、45万円ものキャッシュバックを受けることができます。

DIVE INTO CODEのデメリット

DIVE INTO CODEのデメリット

DIVE INTO CODEのデメリットは以下の2点です。

  • 受講料が高い
  • 本気の人でないとついていけない

1つ1つ解説します。

受講料が高い

だいたい42万から107万円ほどかかります。

決して安くない金額です。

ただやる気を出すためには必要な金額でもあります。

これは考え方によって違ってくるでしょう。

本気の人でないとついていけない

DIVE INTO CODEはプロのエンジニアを目指すスクールです。

本気の人でなければついていけないくらい厳しいと言われています。

げんた
プログラミングを学んで人生を変えたいという方には特におすすめだね!

DIVE INTO CODEの評判

DIVE INTO CODEの評判

DIVE INTO CODEは、 本気で学べたという方が多数存在するため、評判がかなりいいことがわかります。

前向きなコメントが多いのが現状です。

最初に良い口コミ、その次ぐに悪い口コミをご紹介していきます。

今回はTwitterやwebサイトからの意見を集めています。

DIVE INTO CODEの良い口コミ

  • 未経験からエンジニアを目指せる
  • カリキュラムの質がとても高い
  • 制作した成果物を発表する場がある
  • 完全オンラインでの受講も可能となっている(Webエンジニアコースのみ)
  • 入学前に事前テストがあるので、意識の低いひとがいない
  • 就職先に優良企業がとても多い
  • 受講者が30代以上でも入れる
  • 卒業後もスクールを利用できる
  • エンジニア仲間ができる

以上のようにとても満足度の高い方がたくさんいます。

DIVE INTO CODEの悪い口コミ

受講料が高い

DIVE INTO CODEの悪い口コミはほとんどなく、受講料に関してのみでした。

これだけです。

受講料が高いのは、それだけコミットしてくれる環境があるためです。

DIVE INTO CODEのコース

DIVE INTO CODEのコース

DIVE INTO CODE では2種類のコースがあります。

機械学習エンジニアコースとwebエンジニアコースです。

それぞれ何が学べるかを詳細に紹介していきます。

機械学習エンジニアコース

機械学習エンジニアコースでは、基礎から論文の再現など知識の定着をさせやすいカリキュラムとなっています。

基礎知識として、数学やデータサイエンスツールなど一見プログラミングに関係ないように見えますが、機械学習を理解するのに必要な知識を得ることができます。

webエンジニアコース

webエンジニアコースは就職することを目的としています。そのため、実務で使用している技術や知識を中心に学習するカリキュラムとなっています。

入門・基礎・就職の3つのタームに分かれており、タームごとに学ぶ目的も異なります。

まず、入門タームではプログラミングとは何かなど初歩的な知識を見につけることを目的としています。

具体的に学べるスキル

具体的に学べることは以下です。

  • HTML・CSS
  • Git/GitHub
  • javascript
  • Ruby
  • RDMS/SQL
  • WEB技術の入門

DIVE INTO CODEの料金

DIVE INTO CODEの料金

DIVE INTO CODEの料金は、コース別に異なります。

コース期間料金
機械学習コース3カ月1077,800 円
WEBエンジニアコース(ベーシックプログラム)6カ月388,910円

こうしてみると高いように思えますが、厚生労働大臣から「専門実践教育訓練指定講座」に指定されており、それぞれ最大56万円、45万円ものキャッシュバックを受けることができると考えると、かなりコスパ高いのではないでしょうか?

DIVE INTO CODEの就職先

DIVE INTO CODEの就職先

DIVE INTO CODEの就職先は以下のような企業が多いです。

  • Alarmbox
  • DHT
  • grooves
  • iret
  • ラグザイア

などなど多くの企業への就職した実績があります。

さらにDIVE INTO CODEでは、企業からの紹介料をもらっていないため、自分自身が行きたい企業への就職も可能といえます。

げんた
受講生のことをだけを考える、超優良スクールだね!

DIVE INTO CODEには事前テストがある

DIVE INTO CODEには事前テストがある

DIVE INTO CODEでは入学前に事前テストがあります。

事前テストにより入学できる人を絞るようにしています。

本気でエンジニアになりたい人のためのプログラミングスクールであるため、主体的に学びたい意欲のある人のみに限定するためです。

事前テストに受かるためには、パイザを使用した学習や、ドットを使用してある程度の知識を見につけることをおすすめします。

DIVE INTO CODEのアクセス

渋谷から徒歩5分のところにあります。

交通が整っており、アクセスもしやすく、徒歩圏内で行ける距離です。

具体的な住所は以下の通り。

〒150-0044

東京都 渋谷区 円山町28-4 大場ビル A館

DIVE INTO CODEの特徴をおさえて申し込もう!

DIVE INTO CODEの特徴をおさえて申し込もう!

いかがでしたか。

DIVE INTO CODEのメリットやコース、料金について紹介いたしました。

今回の記事で重要なことをまとめると以下のとおりです。

  • DIVE INTO CODEはペアプログラミングに力を入れている
  • プロのエンジニアを目指す人が圧倒的に多い
  • DIVE INTO CODEは、評判がかなりいい

エンジニアプログラミングスクールに興味があるかたは、一度調べてみてもいいかもしれません。

他のプログラミングスクールも気になるという方は「プログラミングスクールのおすすめ7選!特徴を徹底比較【2021最新】」の記事をチェック!

関連記事

プログラミングスクールって何がおすすめなの?無駄なの…?選び方とかスクールごとの違いを教えてほしい!今回はこういった疑問にお答えしていきます。この記事を読むことで以下のことが分かるようになりま[…]

プログラミングスクールに対するQ&A

テックアカデミー CTAオンライン形式で、豊富なコース数とコスパ抜群な印象があるこちらのスクールは、手軽に始めたい人にはぴったり。

「TechAcademy」は業界最大級のオンラインスクールでもあり、29種類ものコースが存在します。

週2回のメンタリングサポートがあるので、最後までモチベ維持が出来ます。

転職をお考えの方だけではなく、他社と比べて安い料金なので学生や社会人にもおすすめ!

目的転職・学習・副業
場所オンライン
作れるものWebサービス・AI・スマホアプリ・Webサイト
期間1~6ヶ月
料金月々¥12,417
DIVE INTO CODEとは?
最新情報をチェックしよう!
>【Udemy】世界最大級のオンライン学習プラットフォーム

【Udemy】世界最大級のオンライン学習プラットフォーム

最先端のIT技術からプレゼンなどビジネススキルに関する講座まで10万以上!世界中の学びたい人と教えたい人をオンラインでつなぐサービスです。米国Udemy,Inc.が運営するプラットフォームで、日本ではベネッセが協業しています。豊富で多彩な講座により個人の学習ニーズに応じた学びを見つけられます!実際に筆者も愛用しています。

CTR IMG