今学ぶべきプログラミング言語とは?おすすめランキング一覧【2020】

【2021】今学ぶべきプログラミング言語とは?おすすめランキング一覧

プロハック
プログラミング言語ってたくさんあってわからない…どんな種類があるのかな?
プロハック
プログラミングのおすすめの言語をランキング形式で教えてほしい!

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

  • プログラミング言語について
  • おすすめのプログラミング言語
  • プログラミングの学習方法
げんた

本記事の信頼性

プロハックでは、現役のエンジニアのげんた(@genta_oaks)が監修しています。プログラミングを始めて約5年。Web系フリーランスとしての経験がありながら、現在はWebマーケティング企業「オークス」を運営しています。 

それでは早速見ていきましょう。

目次
  • TechAcademy20以上の豊富なコースから自分に合ったスキルを低価格で学べる!
  • TECH::CAMP:実績、知名度ともに業界最大級の未経験を対象としたプログラミングスクール!全額返金保証付き
  • DMM WEBCAMP PRO経済産業省が認定!エンジニア転職成功率98%!

さらに詳しく知りたい方は「【2021最新】プログラミングスクールのおすすめ7選!特徴を徹底比較」をチェック!

そもそもプログラミング言語とは?

そもそもプログラミング言語とは?

そもそもプログラミング言語とは一体なんなのでしょうか?

簡潔に言えば、プログラミング言語とはコンピュータに指示を出すための特殊な言葉です。

このプログラミング言語を使ってコンピュータに色々な命令を出すことでプログラミングをしていきます。

人間の言葉ではコンピューターには通じないので、コンピューターが通じることの出来る言語で話すことが必要なのです。

プログラミングは今が熱い

劇的なスピードで進化し次々に生み出される新しいIT技術やWebサービス。

それらを開発するプログラミング言語もまた常に、改良や開発が重ねられています。

それぞれのプログラミング言語は目的やその用途によって使い分けられていますが、それらの中からどの言語を学んで習得すれば良いのかわからないと思います。

止まらない市場拡大

プログラミングが今熱い理由は、止まらない市場拡大によるものです。

国内ITサービス市場は、2014年から2015年にかけて、2年連続で3%を超える成長を実現しました

引用:IDC Japan株式会社

2014年~2015年にかけ金融機関や官公庁・地方自治体における大規模プロジェクトが、国内のITサービスを牽引(けんいん)していました。

2000年代に入ると、インターネットサービスの提供が急速に発展していきます。

現在では1人に1台PCを持つ、スマートフォンの利用も当たり前の時代をなっています。

そして、ITサービスの急成長により、止まらない市場拡大となっています。

つまり、そのサービスを提供する側の数が不足しています。

これは、逆に考えてみてば分かることですが、IoTやICTなどの成長に伴い、さらに幅広い分野でプログラマが必要とされるということです。

プログラミング言語の数は200種類以上

プログラミング言語の数は200種類以上

プログラミング言語には実際の言葉と同じように、様々な種類があるのをご存知でしょうか?

用途によって必要な言語が異なりますが、主要言語だけでも200種類以上あると言われています。

人間の言葉には日本語の他にも、英語、フランス語、イタリア語などのようにたくさんの言語があります。

プログラミングも同様に、たくさんの種類の言語が世の中には存在します。

フロントエンド言語とサーバーサイド言語に分かれる

先ほど、プログラミング言語には200種類以上あるとお伝えしましたが、実は大まかに分けると、フロントエンド言語とサーバーサイド言語の2種類に分けることが出来ます。

これによって自分がどっちの種類に適しているのかわかりやすくなるのです。

フロントエンド言語

フロントエンド言語は主に、HTML/CSS、JavaScriptなどが挙げられます。

Web上の見た目を作る言語として機能していて、デザイン要素が強い傾向にあります。

中身の設計というよりは、表面的な見た目を操る言語としてイメージすると分かりやすいでしょう。

サーバーサイド言語

一方でサーバーサイド言語は主に、Python、C言語、PHP、Rubyなどが挙げられます。

フロントエンドとは反対に、Web上の裏側の処理を行う言語になります。

システム設計や金融設計など、複雑な処理を行う場合が多く、ロジック的な思考が求められる言語でもあります。

その分成果として大きく出やすく、仕事の求人数も多いのが特徴的。

プログラミング言語の総合ランキング一覧

【初心者向け】プログラミング言語のランキング一覧

では続いて、初心者向けのプログラミング言語のランキング一覧をご紹介します。

初心者であれば、とりあえずこのプログラミング言語から始めるのをおすすめします。

後から需要別、目的別、難易度別にもご紹介するので興味がある方はそちらも参考にしてみてください。

順位言語名年収将来性求人数学びやすさ
1位Ruby550万
2位Python575.1万
3位PHP456万
4位JavaScript536万
5位Java552万
6位C/C++525万
7位Swift550万
8位VisualBasic.NET350万
9位C#550~590
10位Go600万

1つ1つ詳しく見ていきます。

1位:直感的で分かりやすい「Ruby」

1位:直感的で分かりやすい「Ruby」

Rubyは、直感的で分かりやすいのが特徴です。

まつもとゆきひろ氏により開発されたオブジェクト指向スクリプト言語になります。

CやJavaといったコンパイラ言語は、プログラムを実行するためにはコンパイルという手続き(人間が書いたソースコードを機械命令に変換)を介して初めて実行ができます。

しかし、スクリプト言語はこう言った手続きが一切不必要です。

そのまま実行することができるので、コンパイラ言語に比べてプログラミングを手軽に行うことが可能です。

オブジェクト指向の言語

また、オブジェクト指向言語なので、すべてのデータがオブジェクトとして表現されます。

つまり継承などといったオブジェクト指向ならではの機能を使うことができます。

継承をすることで書くコードの量が少なくて済み、読みやすく作業効率も格段に上がります。

※オブジェクト指向とは対象を操作するイメージのことで、大変な作業を無くそうとする考え方です。

日本人が作り上げた世界的言語「Ruby」のフレームワーク「Ruby on Rails」

Ruby on Railsは、Rubyのフレームワーク言語となります。

フレームワークとは、ある程度の型があることを示しています。

つまり、Rubyを利用した言語になります。

Ruby on Railsは使いやすく、開発が効率的に進むように作られています。

ベンチャー企業に人気の技術となっています。

近年ではSNSやマッチングサービスだけでなく、オンラインのゲーム開発、業務システムなどにも使われており、色々な場所で利用されています。

応用範囲が広く万能なフレームワーク言語です。

2位:流行の人工知能に強い言語「Python」

2位:流行の人工知能に強い言語「Python」

Pythonとは、少ないコード量(文量)で簡単にプログラムがかける&コードが読みやすいといったメリットの言語です。

今、話題の「人工知能(AI)」や「Web開発」、「教育の分野」など広い分野で使われています。

AIが今話題であり、そのプログラミング言語を使うのがPythonになります。

3位:サーバーサイドで動作する「PHP」

3位:サーバーサイドで動作する「PHP」

PHPはHTMLに埋め込むことができるので、Web開発でよく使用されるスクリプト言語です。

Web開発でよく使用されるスクリプト言語に上記で説明したJavaScriptがあります。

しかし、PHPとJavaScriptの大きく異なる点は、そのコードがどこで実行されるかにあります。

JavaScriptは、クライアントサイド(Webサイトを閲覧しているブラウザ)がコードを受け取り、そこで動作します。

そのため、どのようなコードが書かれているのか、誰でも見ることができます。

しかし一方で、PHPはサーバーサイドでコードを実行するため、クライアントサイドはその結果のみを受け取ります。

そのため、どのようなコードで導き出された結果なのかみなさんは見ることが不可能です。

PHPはサーバー側の方で活躍します。

4位:webページに動きを与えた「JavaScript」

4位:webページに動きを与えた「JavaScript」

多くの人は知らないことですが、たちはJavaScriptのヘビーユーザーです。

1日に何十回も使っています。

デスクトップのコンピューター、携帯電話から、スマートテレビ、最新モデルの車に至るまで、ほぼ全てのデバイスに「JavaScript」がかなり使われています。

実際は、僕たちが使っているネットのブラウザの中で使われているものは「JavaScript」の処理によるものです。

また、JavaScriptはJavaとは全く別の言語です。

JavaScriptはユーザー側のWebブラウザと、Webサイトまたはウェブサービスの相互間のやりとりを円滑にするために使用されます。

Javaは完全なサーバーサイドの言語になります。

5位:さまざまな環境で動作する優等生言語「Java」

5位:さまざまな環境で動作する優等生言語「Java」

Javaとは世界的に見ても使用されている言語、習得したい言語として1位を記録するほどに期待度の高い言語になります。

ではどうしてここまで人気が高いのでしょうか。

理由は主に大きく2つあります。

  • Javaは多くの現場で使われていること
  • 汎用的でOSに依存しない

OSに依存しないという点は大きく、作成したソフトが動く環境を考えるというのはプログラマーにとって非常に大変な作業になります。

そのような中でも動くプラットフォームを多く提供してくれる「Java」という言語は人気が高いです。

Javaに特化したオンラインスクール「ウズウズカレッジ」がおすすめ

ウズウズカレッジ

Javaに特化した完全個別オンラインスクールウズウズカレッジというものに頼ってみるのも1つです。

ウズウズカレッジではこれまで1万8千人以上の20代の若者に向けて就職支援を提供しています。

そのため、どのような対策を行えば就職成功に導くことができるのかを熟知しています。

また講師も「教育のプロ」が担当します。

» ウズウズカレッジ Javaプログラミングコース

6位:由緒あるプログラミング言語「C言語」

6位:由緒あるプログラミング言語「C言語」

C言語は、そのコードを書いて実際に動作させる為に「コンパイル」という行為が必要な言語です。

ソースコードから実際に機械が理解できる言葉に翻訳する行為をコンパイルといいます。

これにより、コンピュータが実行しやすくなるので効率的な早い処理を可能です。

あまり初心者向けのプログラミング言語ではないですが、コンピュータに詳しくなりたいという方や、プログラミング自体に詳しくなりたいという方にはおすすめです。

C言語の拡張版「C++」

「C++」とは、一言で言えばC言語を拡張したオブジェクト指向のプログラミング言語になります。

「オブジェクト指向」とは、オブジェクト(モノ)同士を組み合わせてプログラムを動かす考え方です。

例を上げてみましょう。

エアコンを操作するにはリモコンが必要です。

リモコンというものがあればエアコンを動かすことが出来ます。

そのため、「エアコンを動かすためにはリモコンを使いましょう」という考え方が、オブジェクト指向のイメージです。

そんなオブジェクト指向言語のC++は、1983年にベル研究所の科学者であるビャーネ・ストロヴストルップ氏によってC言語の拡張版として開発されました。

オブジェクト指向言語のため高い保守性を誇り、システムの拡張や移行も簡単に行うことが可能です。

C++の大きな特徴としては、C言語と似ている部分があります。

7位:Mac OSやiOSでは主流言語「Swift」

7位:Mac OSやiOSでは主流言語「Swift」

Swiftは、Mac OSやiOSでは主流言語になります。

iPhoneやiPadなどの端末で使えるアプリ、またはMacパソコン向けのアプリを開発することが可能です。

iOSやMacのネイティブアプリ開発では、これまではObjective-Cが使われてきました。

今でもObjective-Cは使えますが、Swiftはそれに代わる新たな言語として作られています。

RubyやPHPなど最新の設計思想を盛り込んでいて、スクリプト言語のように簡単にアプリを開発することが可能です。

8位:マイクロソフト社が作るWindowsで動く言語「VisualBasic.NET」

8位:マイクロソフト社が作るWindowsで動く言語「VisualBasic.NET」

VisualBasic.NET(通称、VB.NET)は、マイクロソフト社が作っているWindowsコンピュータ上で動くプログラミング言語になります。

特徴としては以下の2つが挙げられます。

  1. とにかく簡単でわかりやすい
  2. そのまま仕事で使えることもある

C言語やJavaなどと比較すると、日常で使うような言葉(自然言語)に似ているので、プログラミング初心者でも分かりやすいでしょう。

IT教育の現場でも使われています。

9位:シンプルでありながらパワーのある言語「C#」

9位:シンプルでありながらパワーのある言語「C#」

C#とは、マイクロソフトが開発しているプログラミング言語です。

C++やJavaと同じオブジェクト指向と呼ばれるプログラミング言語で、文法はJavaに似ています。

そのため、C#を使用した経験があるのであれば応用がききます。

フォームにボタンやテキストボックスを貼り付けて簡単にフォームアプリケーションを作ることができるため、きれいなGUIのアプリケーションを作りたいプログラミング初心者にもおすすめの言語になります。

C#はマイクロソフトが開発しているプログラミング言語であるため、Windows向けのアプリケーションの開発に最適でしょう。

10位:Googleによって開発された新しい言語「Go」

10位:Googleによって開発された新しい言語「Go」

「Go」は、Googleによって開発された比較的新しいプログラミング言語です。

シンプルな構文や軽量な動作でプログラミングが簡単で、最近では「Go」を採用する企業も増えてきているそうです。

Goは人気急上昇中の言語ですので、是非トライしてみてください。

【需要別】おすすめのプログラミング言語一覧!年収・求人・人気の高さで選ぼう

【需要別】おすすめのプログラミング言語一覧!年収・求人・人気の高さで選ぼう

まずはプログラミング言語の需要別にランキングを付けていきたいと思います。

ここでは大きく以下の3つの観点でお伝えしていきます。

  1. 平均年収の高さ
  2. 求人の多さ
  3. 人気の高さ(シェア率)

最後により詳しい言語の特徴を解説していきます。

平均年収の高さ

順位言語年収中央値(万円)求人数(件)
1Go6002,202
2Scala6001,489
3Python575.19,344
4Kotlin575961
5TypeScript575667
6R574.8220
7Ruby55011,676
8Swift5503,353
9Perl5254,509
10C5259,347

2018年8月7日付のプレスリリースにて、求人情報の検索サイト「スタンバイ」を運営する株式会社ビズリーチから参照したものです。

昨年のトップ3(Scala、Python、Kotlin)を抜いて見事1位に輝いたのは「Go」となっています。

求人の多さ

順位言語掲載求人件数(件)
1C言語64,197
2Java18,837
3PHP13,692
4JavaScript8,426
5C#8,191
6C++7,573
7Python4,621
8Ruby4,474
9VB.net3,303
10Perl2,503
11Objective-C2,427
12Swift1,642

求人の多さはすなわち言語の需要の大きさであり、市場規模の大きさともとれます。

Webから基幹システム、ゲーム、スマホアプリまで様々な分野で開発言語として採用されているJavaは、どの求人サイトでも需要が多く、突出しています。

純粋に求人需要と市場規模の大きさだけで選択するのであれば、Javaは安定した言語と言えるでしょう。

Web開発に欠かせないPHPも根強い人気を持ち、Javaに続く求人数を誇ります。

PHPは世界トップシェアのCMSであるWordPressなどでも使われており、多くのウェブサイトに採用されているため、今後も需要は安定していくでしょう。

最近AI開発で脚光を浴びているPython、Webアプリ開発で高い人気を持つフレームワークRuby on Railsも、急激な市場成長にエンジニアの数が追いつかない状況です。

人気の高さ(シェア率)

人気の高さ(シェア率)
日経XTECHから参照。

人気の高さ(シェア率)で1位に輝いたのはC/C++。

しかし、注目すべきは「Python」の飛躍です。

機械学習や計算処理などのライブラリーやフレームワークが豊富に用意されている「Python」は、最近話題のAIシステムやデータ分析システムに利用されます。

こうしたシステムを開発するITエンジニアは急増しており、上位にランクインする結果となっています。

【目的別】おすすめのプログラミング言語はこれ!作りたいものを決めよう

【目的別】おすすめのプログラミング言語はこれ!作りたいものを決めよう

これまでは全体的な視点からプログラミング言語を紹介してきました。

しかし、実際、言語を選択する際に一番重要なのは「何を作るか」という目的です。

ここでは「何が作れるか」という視点でプログラミング言語をご紹介します。

Webサイトを作りたい方向け

Webサイトを作りたい方向けを作りたい方には以下の3つがおすすめ。

  • PHP
  • Ruby
  • JavaScript

Webサイトとは今あなたが見ているサイトのことです。

これをこのプログラミング言語を学ぶことで1から作れるようになります。

Ruby、JavaScriptは仮想環境という設定がいらないため、比較簡単に学ぶことが出来ます。

エンジニア
僕も最初はPHPを勉強してたよ!

スマホアプリを作りたい方向け

スマホアプリを作りたい方は以下の2つがおすすめ。

スマホアプリを作る場合、基本となるOSによって言語が異なります。

OSとは、macやWindowsのことです。

  1. Java、Kotlin
  2. Swift

AndroidOS用のアプリを開発する際の定番は「Java」、近年は「Kotlin」というJavaベースの専用言語が開発されています。

スマホの普及に合わせて需要は今後ますます拡大するでしょう。

そのため、「Java」と「Kotlin」はAndroid用アプリ開発では必修の言語といえます。

デスクトップアプリを作りたい方向け

※デスクトップアアプリとは、コンピュータのデスクトップ環境上で動作するアプリケーションソフトウェアのことです。

デスクトップアプリを作りたい方にはずばり、「C#」がおすすめ。

Windows向けのデスクトップアプリの開発言語としては、鉄板のメジャー言語です。

AI/機械学習を作りたい方向け

AI/機械学習を作りたいなら以下の2つがおすすめ。

  1. Python
  2. R

AI/機械学習を作りたい方なら迷いなく、「Python」または「R」。

他の言語でも作成は可能ですが、業務レベルでの実用性ではライブラリの充実度を含め、この2つの言語に遠く及ばないでしょう。

今後期待が高まる言語でもあります。

【難易度別】おすすめのプログラミング言語一覧!初心者は必見

【難易度別】おすすめのプログラミング言語一覧!今すぐ稼ぎたいならこれ!

では続いて難易度別のおすすめのプログラミング言語一覧をご紹介。

初心者は必見です。

言語
難易度
特徴
PHP
WordPressなどにも応用が効き、稼ぎやすい言語でもあります。
Ruby
日本語のヘルプが充実しているため、習得までは比較的簡単です。
JavaScript
簡単な記述はすぐに習得できますが、サーバーサイド開発まで踏み込むと習得が難しくなります。
GO
シンプルな構造で、プログラミング入門者にうってつけ。
Java
人気な言語でサンプルコードも多いですが、業務は難しめ。
Swift
開発環境はMacOS上に限られるため、ハードウェアの面で制約がかかります。
Scala
中〜高
ハイブリッド言語で、完全な初心者には少しハードルが高いです。
Python
中~高
可読性の高いコードとサンプルが多いが、統計処理には言語以外の知識も必要です。
C#
中~高
C言語系は一般的に業務レベルでの習得が難しい。
R言語
統計プログラミング言語のため、習得の難易度は高めです。

このようにしてみると、易しい言語はPHP、Ruby、JavaScript、GOのようです。

なお、難易度判断は筆者主観になります。

プログラミング言語を決めたらすぐに学習を始めよう

プログラミング言語を決めたらすぐに学習を始めよう

どうだったでしょうか?

具体的な言語の特徴を知ることが出来たでしょうか?

プログラミング言語を決めたら早速学習を始めましょう。

初心者にありがちなのですが、プログラミング言語を探すことに一生懸命になってしまい、いざ学習するとなるとあまり手が働かないことです。

プログラミング言語を1つ極めると他の言語にも応用が効く

実体験ですが、プログラミング言語は1つ何かを極めると他のものにも応用が効きます。

ループ処理などはどの言語にも同じだったりするため、まずはあまり迷わず言語を決めて、学習をプラン立てましょう。

エンジニア
プランを立てて学習するのは大切だね!

プログラミング言語を最速で習得する方法

プログラミング言語を最速で習得する方法

これまでたくさんのプログラミング言語をご紹介してきましたが、ここではプログラミング言語を最速で習得する方法について解説します。

結論、最速でプログラミングを習得するのであれば圧倒的にスクールがおすすめ。

プログラミングを学習する方法は大きく分けて3つあります。

  1. Webで学ぶ
  2. プログラミングスクールで学ぶ
  3. 本で学ぶ

しかし最速で身につけたい、人生を変えたいという方はスクールが最適。

その理由は以下の4つです。

  • 挫折しにくい
  • 仲間ができる
  • 習慣化される
  • 短期で習得できる

その他にも色々なスクールのメリットがありますが、代表的なものはこのあたりでしょう。

げんた
僕もDMM WEBCAMPは通ったね!

プログラミング言語を習得するのにおすすめなスクール

プロハック
じゃあどんなスクールが良いの?

こんな疑問にお答えします。

結論、以下のプログラミングスクールがおすすめです。

挫折しにくいことや、仲間ができること、習慣化されることの他にもたくさんのメリットがあります。

より詳しくプログラミングスクールを解説している記事があるので、是非こちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事

プログラミングスクールって何がおすすめなの?無駄なの…?選び方とかスクールごとの違いを教えてほしい!今回はこういった疑問にお答えしていきます。この記事を読むことで以下のことが分かるようになりま[…]

プログラミングスクールに対するQ&A

違いを知って自分に合ったプログラミング言語を見つけよう!

【2020】今学ぶべきプログラミング言語のおすすめランキング!

いかがだったでしょうか?

今回は「【2021】今学ぶべきプログラミング言語のおすすめランキング!」というテーマでお伝えしました。

2020年はAIなどが盛んになってくるため、「Python」や「R」がより人気を増してくるでしょう。

一方で、Rubyなどもスタートアップ企業にたくさん採用されているので負けていません。

是非違いを知って、自分に合ったプログラミング言語を見つけてください。

テックアカデミー CTAオンライン形式で、豊富なコース数とコスパ抜群な印象があるこちらのスクールは、手軽に始めたい人にはぴったり。

「TechAcademy」は業界最大級のオンラインスクールでもあり、29種類ものコースが存在します。

週2回のメンタリングサポートがあるので、最後までモチベ維持が出来ます。

転職をお考えの方だけではなく、他社と比べて安い料金なので学生や社会人にもおすすめ!

目的転職・学習・副業
場所オンライン
作れるものWebサービス・AI・スマホアプリ・Webサイト
期間1~6ヶ月
料金月々¥12,417
広告
今学ぶべきプログラミング言語とは?おすすめランキング一覧【2020】
最新情報をチェックしよう!
>【Udemy】世界最大級のオンライン学習プラットフォーム

【Udemy】世界最大級のオンライン学習プラットフォーム

最先端のIT技術からプレゼンなどビジネススキルに関する講座まで10万以上!世界中の学びたい人と教えたい人をオンラインでつなぐサービスです。米国Udemy,Inc.が運営するプラットフォームで、日本ではベネッセが協業しています。豊富で多彩な講座により個人の学習ニーズに応じた学びを見つけられます!実際に筆者も愛用しています。

CTR IMG