プログラミングでWebサービスを作るには?人気の言語からコツまで

プログラミングでWebサービスを作るには?人気の言語からコツまで

プロハック
プログラミングでWebサービスを作りたいんだけど何をしたら良いのかわからない…。
プロハック
Webサービスを学ぶのに必要なことって何かな…。

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

  • そもそもWebサービスとは何か
  • プログラミングでWebサービスを作るのにおすすめの人気言語

それでは早速見ていきましょう。

  • TechAcademy20以上の豊富なコースから自分に合ったスキルを低価格で学べる!
  • TECH::CAMP:実績、知名度ともに業界最大級の未経験を対象としたプログラミングスクール!全額返金保証付き
  • DMM WEBCAMP PRO経済産業省が認定!エンジニア転職成功率98%!

さらに詳しく知りたい方は「【2021最新】プログラミングスクールのおすすめ7選!特徴を徹底比較」をチェック!

そもそもプログラミングで作られているWebサービスとは?

そもそもプログラミングで作られているWebサービスとは?

そもそもWebサービスとは、ホームページ制作のようにビジュアルやその内容の表現を目的とするのでは無く、そのサイトを訪れた方に機能を提供することを目的としています。

Webシステムも同様のことが言えます。

そして、そのWebサービスやWebシステムを開発することをWeb開発と言われています。

検索サイトなどが例だと分かりやすいです。

「Google」や「Yahoo」などの検索サイトは、多くの情報を保持しており、入力されたキーワードにマッチした情報を提供してくれます。

僕たちが当たり前だと思っていることも実は、超優秀なプログラマーたちが導き出した成果物というわけです。

そういった「検索機能」を提供してくれているコンピュータープログラムを作成するのも、「Web開発」の一つであり、一種のWebサービスです。

世の中にはたくさんのWebサービスが存在する

検索サイトの他にも例はたくさん挙げられます。

「Facebook」「twitter」のようなSNSや口コミ情報たくさん集まるサイト、「Amazon」などのECサイトなどはすべてWebサービスとして挙げられます。

Webサービスは僕たちの生活に今では欠かせないものになりつつあります。

僕もこの魅力に惹かれて、Webサービスを作ったこともあります。

実際、現在も大学の友だちと一緒にこのWebサービスを作っています。

仮にあなたが以下の点に当てはまったら、Webサービスに関する知識は押さえておいたほうが良いでしょう。

  • エンジニアとしてのキャリアを踏み出したい
  • Webサービスを作っていきたい
  • IT業界に興味があって、その仕事に就きたい…etc

初心者で悩むのはWebサービスを作る言語

Web開発の初学者が「プログラミングの勉強をしてみよう」「サービスを何か作ってみたい」と思った際に、初めに悩むのが「どのプログラミング言語を選ぶべきか?」でしょう。

プログラミング言語で検索すると、「C・C#・C++・Java・PHP・Python・Ruby・Fortran・Swift・JavaScript…」など限りなく言語が出てきます。

初心者の方が悩むのも当然でしょう。

そのため、僕が実際に経験として言えることを今回はお伝えしていきます。

プログラミングでWebサービスを作るならコレ!おすすめの人気言語

プログラミングでWebサービスを作るために必要な言語

では、さっそく本題のプログラミングでWebサービスを作るために必要な言語について解説していきます。

まとめると以下の通りです。

  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • PHPまたはPython
  • Ruby

この4つが大まかに大切なWebサービスを作るために必要な言語になります。

Webサービスの本質

Webサービスの本質
前提として、Webサービスはクライアントとサーバに分かれます。

  • 「クライアント」とは、あなたのパソコンやスマホを指します。Webサービスでは、クライアントとはInternet ExplorerやChromeなどのWebブラウザのことだと思っても大丈夫です。
  • 「サーバ」とはサービスを提供する側のことです。つまりサーバ(Service + 人を意味するer = Server)なわけです。図で言うと、インターネットの前にあることを想像すると分かりやすいです。

サーバというから難しく聞こえますが、要するにパソコンです。

Webの仕組みはシンプルで、インターネットの先にもパソコンがあり、そのパソコンをインターネット越しに見に行っているだけのことです。

「サーバ&クライアント」この2種類の場所があるというのだけ覚えておけば基本大丈夫です。

そのため、プログラミング言語はこのどちらかで動いています。

一つ一つ解説していきます。

1. HTML/CSS

クライアントで使われるプログラム言語として、HTML/CSSがあります。

HTMLはWebページの構造を記述する言語になります。

「<h2></h2>」などのタグと呼ばれる記号を使い「ここが見出し」とブラウザがページの構造を認識できるようにコードを書いていきます。

ブラウザがタグを読み込むことで、PCやスマートフォンの画面にページが表示されるのです。

HTMLを用いてサイトの構造を書いた後は、デザインを指定するマークアップ言語CSSを書いていきます。

CSSを用いることで、文字や各要素の色や大きさ、配置(レイアウト)などを指定することができます。

2. JavaScript

クライアントで使われるプログラム言語として、JavaScriptもあります。

JavaScriptは、Webページの要素の動きを記述する言語です。

最近は静的なページの数は減っており、よりスタイリッシュなページを作成する需要が増えています。

それに伴いJavaScriptを書ける人材の需要も増加しているのです。

動的なページが好まれるようになったということです。

JavaScriptはブラウザ上で動作するので、環境構築などの作業が必要ありません。

簡単に学習を始めることができるため初心者の方におすすめな言語です。

3. PHPまたはPython

PHPは、Web開発をターゲットとして考えられたプログラム言語です。

むしろ他の使い方をするケースのほうが稀だと言っても過言ではありません。

主導権を持つ営利団体がない、いわゆるフリーソフトのような状態であったため、ビジネス用途での大規模なWebシステムで利用されるまでには少し時間がかかりました。

しかし今では、サポート団体もあり、開発ノウハウも蓄積されてきたので、たくさんのWebサービスで取り入れられています。

Web開発を目的として考案されたプログラム言語ということもあり、他の言語に比べて習得が簡単で、導入の難易度もそれほど高くありません。

Pythonもおすすめ

もしくはPython

もしくはPythonというスクリプト言語は選択肢に入れてもいいです。

Pythonの人気の伸びは期待が出来ます。

現在、AIの進歩が急激に期待されています。

PythonはこのAIに大きく関係してくる言語であるため、やっておいて損はない言語でもあります。

4. Ruby

RubyはWebサービスの制作を高速化してくれます。

個人的に、一番おすすめのプログラミング言語です。

数あるプログラム言語の中でも、日本人によって考案された数少ないプログラム言語であり、時期的にもJavaやPHPとあまり変わりません。

本来はWebサービスとは縁の薄いプログラム言語でしたが、10年ほど前に登場した「Ruby on Rails」の活躍により、急速に広まりました。

「Ruby on Rails」はWebアプリケーション・フレームワークと呼ばれます。

Web開発に特化した仕組みのセットだと考えてもらえれば分かりやすいです。

げんた
まずはwebの見た目を作っていかなきゃならないね!

プログラミングでWebサービスを作るための5つのコツ

プログラミングでWebサービスを作るための5つのコツ

ここではプログラミングでWebサービスを作るための5つのコツについて見ていきます。

まとめると以下の通り。

  1. 完璧を求めない
  2. 利益を出せるサービスを目指す
  3. 知識の格差が利益になることを理解する
  4. 細かな視点で世界を見る
  5. 人の話は素直に聞く

一つ一つ解説していきます。

1. 完璧を求めない

完璧を求めないことはプログラミングでWebサービスを作るために圧倒的に必要です。

初期段階としてのwebサービスは「作り込む」のが目的ではなく、「立ち上げる」のが目的です。

作り込むのは軌道に乗ってきてからでも遅くはありません。

作り込もうと思えばいくらでも作り込めてしまうので、時間の消費と効率のバランスが合わなくなります。

完璧を求めると何も生み出せないということを意識しておくことが大切です。

2. 利益を出せるサービスを目指す

利益を出せるサービスを目指すことはプログラミングでWebサービスを作るために圧倒的に必要です。

僕の周りにも「WEBサービスやってる」という方がいますが、無料でやっていることが大半です。

これは決して悪いと言っているわけではありません。

0から1へとサービスを作り、自分の努力によってお金をゲットすることに素晴らしさに気づくことが大切です。

その知恵や気付きがとても大切です。

今後の自信に繋がりやすく、何よりもお金を稼ぐ本質を理解できます。

自分の良いサービスを提供した代わりに、人々から対価としてお金というものを貰うわけです。

ぜひ、人に感謝されるようなサービスを作っていきましょう。

3. 知識の格差が利益になることを理解する

知識の格差が利益になることを理解することはプログラミングでWebサービスを作るために圧倒的に必要です。

ブログやYouTubeも同じですが、知識の格差がサービスの運命を決めると言っても過言ではありません。

より画期的なアイディアを潰さずに、徹底的に個性を出していきましょう。

4. 細かな視点で世界を見る

細かな視点で世界を見ることはプログラミングでWebサービスを作るために圧倒的に必要です。

TwitterやFacebook、ニュースアプリなど基本ネットからしか情報を仕入れていないと「孫正義」や「マーク・ザッカーバーグ」「スティーブ・ジョブズ」など有名でついつい自分と比べがちです。

しかし、世の中には稼いでいる人たちが山ほどいます。

あくまで自分は自分、他人は他人という意識を持っていきましょう。

5. 人の話は素直に聞く

人の話は素直に聞くことはプログラミングでWebサービスを作るために圧倒的に必要です。

これも圧倒的に大切です。

Webサービスを作るには基本的に、数人で立ち上げるのが一般的です。

つまり自分よがりな意見ではなく、相手の意見を尊重しながら素直になって開発していきましょう。

まずはプログラミングで作られているWebサービスを理解しよう!

まずはプログラミングで作られているWebサービスを理解しよう!

いかがだったでしょうか?

「プログラミングでWebサービスを作るには?人気の言語からコツまで」というテーマでお伝えしました。

まとめると、HTML/CSS、javascript PHP、RubyがWebサービスにおすすめです。

PHPではなくPythonを利用するのもありです。

僕もまだまだ勉強中なので一緒に頑張っていきましょう。

起業や独立を考えている方は、まずはプログラミングで作られているWebサービスを理解するのが先決でしょう。

テックアカデミー CTAオンライン形式で、豊富なコース数とコスパ抜群な印象があるこちらのスクールは、手軽に始めたい人にはぴったり。

「TechAcademy」は業界最大級のオンラインスクールでもあり、29種類ものコースが存在します。

週2回のメンタリングサポートがあるので、最後までモチベ維持が出来ます。

転職をお考えの方だけではなく、他社と比べて安い料金なので学生や社会人にもおすすめ!

目的転職・学習・副業
場所オンライン
作れるものWebサービス・AI・スマホアプリ・Webサイト
期間1~6ヶ月
料金月々¥12,417
プログラミングでWebサービスを作るには?人気の言語からコツまで
最新情報をチェックしよう!
>【Udemy】世界最大級のオンライン学習プラットフォーム

【Udemy】世界最大級のオンライン学習プラットフォーム

最先端のIT技術からプレゼンなどビジネススキルに関する講座まで10万以上!世界中の学びたい人と教えたい人をオンラインでつなぐサービスです。米国Udemy,Inc.が運営するプラットフォームで、日本ではベネッセが協業しています。豊富で多彩な講座により個人の学習ニーズに応じた学びを見つけられます!実際に筆者も愛用しています。

CTR IMG